スポンサードリンク

手紙 ?拝啓 十五の君へ?

趣味な感じ
10 /19 2008

という歌を知っていますか?


アンジェラ・アキさんが歌う歌ですな。


今もNHKの「みんなのうた」で聞くことができます。


初めて聞いた時に・・・なんていうでしょうね、涙が出そうだった。


それほどまでにいい歌なんですな、これが。


歌の内容としては、15歳の「僕」が悩みを未来の自分に宛てて


“手紙”として書くことによって今を生きていくということを表す。


というものでありますな。



15歳といえば思春期の真っ只中であり、色々な悩みがあるものです。



人間関係・いじめ・裏切り・勉強・将来などと。



俺も15の頃は色々と悩んだものです。それこそ「欝だ?」とか「死にたい」とか



しかし今となっては幾分懐かしく感じますな。



・・・まあ若いときに、「欝だ?」・「死にたい」と思うのは


「はしか」のようなものですけどね。



まあその「はしか」にかかってしまった場合には



この歌を聴けば、少しは癒されるのではないかと



俺はそう思います。



でもこの歌の本質がわかるようになるのは



社会人になった後かと思います。



「ああ・・・あの頃、ああしておけばよかった」、そんな風に思ってしまうのですね。



あの歌を聴くと。



15前後の人が聴くと「将来へ向かって今を生き続ける」



それ以降の人(主に社会人とか)が聴くと「学生だった頃が懐かしい・今を挫けず生き続ける」



そんな違いがあるように思いますぁ。



ともあれ、今悩んでいる人・将来が不安な人・学生・社会人の皆さんはこの歌を聴けば



「今を生きていこう」、そういう風に思うようになると思います。



お勧めですな。


じゃあの。



・・・ああ追記。


さっき上で、俺も昔は「欝だ?」とか「死にたい?」とか言ったけど。


社会人になっても↑のようなことを言っていると


周りから失笑を買う痛い人になってしまうから、


注意が必要ですな。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。