スポンサードリンク

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを見てきたぞと いやぁ・・・すごかったな

趣味な感じ
11 /18 2012
もう・・・日が変わるんだな。早いわ。

以下、ネタバレ豊富なので見るの注意。
さて土曜日はこれを見てきた。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q ですよと。
P1002966.jpg

これはパンフレットね。

「破」公開から3年経ち、いよいよ公開されたと。
いやぁ~待ちに待ってましたって感じやね。

当然と言うかなんというか、当日は全日映画館すでに満員と。
俺はネットから早めに席抑えたので当日見ることができたよ。

そして公開終了後。

・・・いやぁ、何て言うか凄かった。
単純な感想だけど「凄い」としか言いようがないんだよね。

話が急展開過ぎるわ。

いきなりミサトさんらの雰囲気が変わって、なんだ?と思ったら、
実は「破」の話から14年が経過してましたって言う展開だし。

おいおい、14年て・・・

シンジ自体は眠ってたから心身共に14歳のままだけど、
他の人は14年年食ってる状態だと。

アスカも見かけは14歳だけど、中身は28歳であり、
現役バリバリなエヴァパイロットとしてマリを
パートナーに第一線を戦い続けていると。

話の途中からカヲル君と出会い、
カヲル君から14年経過して世界がどういう状態になっているかを
聞かされて以降、絶望しちゃって、
シンジはどんどん追い詰められていくんだよなぁ。

「破」で人間関係良好になって前向きになったかと思いきや、
「Q」で一気に絶望してしまって、またネガティブに戻っちゃうと。

シンジとカヲルのかかわりはTV版以上に良かった気がするね。
2人して同じエヴァに乗ったり、一緒にピアノ叩いたり。

でもカヲル君はフォースインパクトを止めるために、
その身を犠牲にして死んでしまったんだよなぁ。

やっぱりカヲル君・・・死んじゃったわ・・・

戦闘の演出も物凄かったね。

3Dを駆使したメカの操作、モニターの表示、
そして迫力のある戦闘シーンと。

もう見どころしかなかった。

・・・とまあ、こんな感じ。

総じていうと、エヴァすげぇ!やっぱすげえ!
こうなっちゃうんだよね。感想って言うけど。

とりあえず見てない人は見ろ!と言っておく。

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。