スポンサードリンク

ムダヅモ無き改革11巻購入 尖閣諸島を賭けた熱い麻雀バトルはまだまだ続く!

趣味な感じ
10 /18 2013
台風の影響をモロに受けてしまったねぇやれやれと
思いきやまた近づいてるのかい?

おいいい加減にしろよー
さてこれを買ってきた。
ムダヅモ無き改革 11話 ですよと。
rps20131017_210922.jpg

毎回楽しく読ませてもらってムダヅモ無き改革も11巻だね。

前巻から始まった尖閣諸島を賭け、日本が中国、東南アジア、
南米の独裁者達との熱い麻雀バトルが本格展開を迎えると。

帯にも書かれている「オマエら日本を舐めるんじゃねぇ!!!!」が
カッコよすぎて帯に惚れちゃいそうだわ。

今巻ではまさに帯通り「日本を舐めるんじゃねぇ」と言わんばかりの
熱い展開の目白押しなんですよと。

一勝した日本に対してカンボジア最大の独裁者と言われた
ポル・ポトが降臨!

科学を嫌い、あらゆる近代的なものを破壊しつくしたポル・ポト。
その狂気の沙汰ともいえる人物に近代科学を誇りに持つ男
乾が挑むと。

まさにオールドタイプVSニュータイプともいえる両極端な2人が
激突するゲキ熱展開が幕を開けたと。

そしてこの両極端で濃い2人のオヒキがうって変わって可愛いんだよね。

一人はポル・ポトに付き従うロリ少女メル、
もう一人は前に登場した際は「獅子の血族」編の激闘を乗り越え、
成長した鋼鉄の魂を持つ乙女 四條絢乃が登場!と

この二人の可愛くも熱く激しい麻雀バトルも必読!

ポル・ポトと乾の決着は次回に持ち越しか。
こりゃ12巻が楽しみになってきたじゃないか。

番外編の「立-Ritz-」も中々面白かったね。
立先生ってこんなに可愛く凛々しかったっけ?

とまあ簡単に感想。

いやぁ相変わらず大和田先生の描く漫画は面白いよなぁ。

今ニュースで賑わせてる社会事情を大和田先生なりにバッサリと
メスを入れ切り刻んでるのが好きだわ。

麻雀を使った戦いだけど麻雀のルールなんて知らなくても
勢いだけで読めちゃうのもこの漫画の魅力だね。

まさにムダヅモ無き改革は大和田節漫画の決定版だよ。

12巻も楽しみだなぁ。

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。