スポンサードリンク

映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス 見てきたぞ!

プリキュア
10 /26 2013
台風は本州を避けて沿岸沿いを通り抜けたかぁ

いやー良かったなぁ~

以下ネタバレあるので注意。
さて今日は2本映画見てきた。
一本目はこれ。

映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス
ですよと。
rps20131026_191620.jpg

遂に公開始まったドキプリの映画。
初日に見てきたよ。

まずは物販購入物。

さっきのパンフの他にシール、クリアファイル、
それにミラクルブーケライトと。
rps20131026_191535.jpg
rps20131026_191703.jpg
rps20131026_191723.jpg
rps20131026_191743.jpg
rps20131026_191557.jpg

とりあえず一言感想。

いやぁ・・・本当に面白かったなぁ・・・

面白かった。とにかく面白かった。

プリキュア10年目作品の名に恥じない最高の出来栄えだった気がするな。

笑いどころあり、熱いところあり、泣けるところありと
ドキプリの魅力をこれでもかと詰め込んだ映画だったよ。

全体的にはテンポが速かった気がしたね。

合間合間に隙っぽいのが一切なく、一気にEDまで進んだ感じがした。

EDダンス前の注意も無かったし時間の関係上
結構削った部分あったのかなーなんて。

色々と良いシーンがあったけど、マロが死亡してマナが
ふさぎ込むシーンから、六花とありすが出会い、
そこでお互いに思い出しプリキュアへ変身して共闘する
シーンまでに流れた「たからもの」が流れた辺りが最高だったな。

あそこでテーマソングを流してくるなんてね。

たからものはマナ・六花・ありすが歌っているから
挿入するタイミングバッチリだったな。

思ってた以上にダイヤモンドとロゼッタのタッグが
多かったのも俺的にグッド!

他にもソードのピンチにエースが助けるシーンは熱かったね。
突然のエース登場で「どうやってきたんだよ」と思ったけど、
たぶんアイちゃんがどうにかしたんだろうなぁ。

映画でもアイちゃん万能すぎるだろーそこが良いんだけど。

それと亜久里ちゃん。

映画を見ている人たちにミラクルライトを
振ってくれの突然な説明はどうかと思うぜ。
笑ってしまったじゃないか!

今回の映画では親子三世代で受け継がれる「愛の形」
について描かれていたな。
おばあちゃんから母へ、そして母からマナへと
愛が受け継がれていくと。

そしてその愛の象徴としておばあちゃんのウェディングドレスだと。

映画でマナの名前の由来が判明したのも良かったな。

そうか…マナの名付け親はおばあちゃんだったんだ。

ノートの名前欄に「相田愛」とマナの部分が漢字で
書かれていたのにグッと来た。

全体通してマナを中心に描かれていたね。
過去を最後に振り切ったのもマナだし。

一番優等生タイプであるマナが実は一番脆く、
過去をなかなか振り切ることができなかったのがなんか感慨深い。

そらそうだ、マロが亡くなったシーンに直面してるんだもん。

そういやマロが死亡したシーンもだいぶ生々しかったよなぁ・・・
シーツの上にマロの亡骸だもんなぁ・・・

おばあちゃん、それに友達の皆のおかげで
未来へ進むことを決意したマナ。
「モチのロン」もおばあちゃんからの遺伝だったんだな。

後はアレかな。
今回の敵役であるマシューも実はマロだったことに驚いた。

過去に囚われたままハートと戦い
そしてハートが流血すると。

まさかプリキュアが初の流血するなんてなぁ。

流血シーン自体はプリキュア5の映画前説でギャグとして
やったけど、本編でガチ流血したのはこれが初めてなんだよね。

痛々しかったけどあそこまで身を挺したからこそ
マシューの心を解かすことができたんだろうね。

今回の戦闘シーンはアニメ絵だけじゃなく、CGも随所に混ぜていたなぁ。

年々CG技術が発達しているからパッと見て区別つかない位
ごく自然に使い分けていたことに驚いた。

そして一番の目玉であるキュアハートエンゲージモード。

マナがエンゲージモードになれたのも、
おばあちゃんのドレスが未来に繋ぐモノの希望の象徴であり、
おばあちゃん・マロ・友人を通じて過去を大切にしながらも、
未来へ進んでいくことの大切さを描いている。

そして過去を大切とし未来へ進む決意をしたマナだからこそ
あの姿=ウェディングっぽい姿になれたんだなって思ってる。

べベルの正体も実はおばあちゃんだったんだな。
そうか…おばあちゃん、マナの為に帰ってきてくれたんだな。

おばあちゃんの名前が坂東いすず→すず→鈴。
そしてべベル→ベル=鈴。
これに気づいたときは素直に上手いと思った。

マシューとべベルの正体がわかったし、もう一度見直したいな。
きっと別の観点で映画を楽しめるはず。

と色々と感想を書き連ねた。

まあ総評すると
面白かった!本当に面白かった!
これは是非親子で見てもらいたい!


それと素晴らしい出来にしてくれた
スタッフ&声優の皆さん。

本当にありがとうございます。

頭にも書いたけど10年目に相応しいプリキュア愛が詰まった
最高の映画でした。

また見に行きたい!って言うか見に行く絶対。

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。