スポンサードリンク

魔法少女プリティ☆ベル 12巻を購入 こいつら(厚志達)絶対敵にまわしたくねぇ!

趣味な感じ
12 /10 2013
うへー寒いー。

そろそろ暖房の出番かなぁー。
さて今日はこれを買ってきた。
魔法少女プリティ☆ベル 12巻ですと。
rps20131210_195751.jpg

ようやく12巻発売したな。

最強の一角であったジロウ・スズキが落ち、
一体どうなるのかと気になってたよ。

さてこの魔法少女プリティ☆ベル。
いったいどういう作品かと言うと

とってもキュートな魔法少女が魔法を振りかざして
悪い敵を懲らしめるファンタジック溢れる作品!

・・・ではなく、ボディービルダーな高田厚志 35歳 男が
どういうわけか魔法少女へとなり、東西南北の魔王軍や
その他なんかようわからない軍勢たちに対して
マッスルポーズをやったり、時にはマジになり
相手を戦慄させると言うある意味ファンタジック!

ある意味、某魔法少女映画のごとく
魔法少女と言うフォーマットを根底から
「叛逆」するお話なんですよと。

んで今回はメロンで買ったから特典貰ってきた。
rps20131210_195819.jpg

・・・うわぁ・・・相変わらず見事なガチムチっぷりですわ・・・
溢れ出る筋肉が逆に清々しい気分を与えてくれそうだ。

さてこの12巻。

魔法少女となった綾香ちゃんとエリちゃんの邂逅も
終局を迎え、新たなる展開を迎えると言った感じか。

今までシリアス展開が多かった反動か水着に風呂と
サービスカットがあって大変目の保養になりますなぁ。

もちろん厚志兄貴の最強っぷりは今巻でも健在!

中でも天界との交渉シーンはこの12巻での
一番の見どころと言っても過言じゃねぇ!

天界との交渉決裂と判断した瞬間、
厚志陣は魔法少女となったエリちゃんの特大魔法を
天界へ直撃ギリギリまで撃ち宣戦布告を宣言すると。

交渉決裂した瞬間に即座に宣戦布告し
口先だけの誤魔化しはすべてシャットアウト。

相手側が完全に応じるまで攻撃の手を休めない。

改めて思った。
・・・こいつら(厚志陣)絶対、敵にまわしたくねぇ・・・

この交渉→宣戦布告までの一部始終の流れがスマートすぎるぜ。
さすがは厚志兄貴。

一番敵にまわしたくない魔法少女、もとい魔法おっさんだわ。

このシーンを見るだけでもこの12巻十分おつりが来る勢いだな。
話の展開が痛快すぎるもんな。

厚志兄貴の圧倒的交渉術に快感すら覚えたわ。

とまあこんな感じ。

厚志兄貴がメインに出て活躍するだけでこんなにも
痛快な思いするんだから、次巻はもっと活躍してほしいな。

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。