スポンサードリンク

2013年冬コミ三日目について今更書くと言うね

趣味な感じ
01 /04 2014
あけましておめでとーございまーす。

もう1月も4日だけど新年一発目のブログだから
一応言っておく。

今年もこのブログを宜しくですよー。
さてまあ新年一発目に書く記事はというと
・・・去年の冬コミ三日目戦利品について。

本当なら当日書けばいいんだろうけど
実家へ帰ったりだなんだしてゴタゴタしちゃってねぇ。

そんなわけで今更書くってワケですよ。

さてそんな冬コミ三日目。
戦利品はこんな感じ。
rps20131231_152511.jpg

夏コミの時もそうだったけど回るサークルが
ほぼ固定だから特に見新しいものは無い感じかな。

と言うわけで以下はいつものアレ。
グッズセットとかは1サークルさんで纏めてかな。

黎明ネルトリンゲンさんのとこのなのはグッズ。
冊子やカレンダーとか。
rps20131231_153116.jpg

なのは系のサークルさんと言ったら定番中の定番かな。
夏コミのときと比べて幾分並びやすかったのが嬉しい。

本の内容も相変わらずの出来の良さでその暖かい感じに
ホッコリしてしまうね。

ryu-min BS 流民さんのなのは本、まどマギ本、よろず本だね。
rps20131231_152827.jpg

これまた俺の1推しサークルさん。
てか俺の超定番。

なのはの方は総集編1冊に新刊1冊。
それにまどマギ新作2冊によろず本と。

安定のチョイギャグ&チョイ百合が満載でどれも面白いね。

特によろず本のいちごちゃんとあおいちゃんのやり取りが
微笑ましくて最高。

あめいろ 七色さんのなのは本。
rps20131231_152630.jpg

1冊は総集編でもう1冊は新刊と。

よく見ればわかるけど成年向けなので読むの注意。

成年向けだけど優しい感じの絵柄が
相まって大変読みやすい感じに仕上がってるね。

なのフェイ好きにはとっておきの一冊になりそう。

とまあ他にも買ったのはあるけどここまでが
定番の簡易紹介。

これ以降はいつもツイッターとかで会話している人たちの
本をそれなりに書いていこうかなーってね。

ひなうた うたさんのオリジナル本。
・東京+α 射的めぐり
・ORETOKU
・日本神話

rps20131231_152937.jpg

うたさんが送る完全なオリジナル創作本。

今回は東京の夜店や遊技場にある射的にメインを据えて
あれこれ感想やうんちくを奥深く描いていると。

射的かー、・・・昔やった覚えある。

一通り読んでみたけど
「あーなるほど、射的ってこういう仕組みなんだなー」って
思えるくらいわかりやすく説明が描いてあるね。

それに的に対しての狙い方のコツなども描いてあるから
もし今後射的で遊ぶ機会があるなら参考になるかも。

それにしても射的って言う遊戯に目をつけて
1冊の本にするって凄いことだよなーって思う。

こういうささいなことでも興味をもったものに対し
自分が思ったことを好きなように描き、説明するって言うのは
凄く素敵なことだと思うんだよね。

このあたりがオリジナル本創作の楽しいところだよね。
版権作品に縛られることなく自分が本当に作りたいものを
創作し、いろんな人の手に渡って読んでもらえる。

これが同人の醍醐味なんだよーなって改めて思った。
まあ俺は読み専なんだけどね。

ORETOKUの過去に配布された神社本キャラの紹介、
書き下ろし漫画もまた良いねぇ。みんな可愛らしいよ。

日本神話の方はドタバタしてまだ聴いていないので割愛。

ムラムラPOCKY カスミさんが参加しているラブライブ本。
マシュマロミスチーフ

rps20131231_152744.jpg

毎度おなじみカスミさんが描くラブライブ本で
今回はことうみ本っていうね。

表紙がアレすぎたのでこれまたいつも使っているもので
アレな部分を隠したよと。

隠していることからもわかるように成年向け。

んで内容はと言うと・・・なんて説明すればいいんだこれ。

一言で言うと電車内であんな事やこんな事をやってる。

・・・以上!

さすがに乱暴すぎたか。だってそうとしか書きようがなぁ・・・

もうのっけからローター使ってアレしてる
ドエロ全開展開で説明しようが無い。

電車内で本当こいつら何やってんだか。

レズだよ完全に。
クレイジーサイコレズってレベルじゃねぇ!

電車プレイだけにこの二人完全にレール外れちゃったことしてますねぇ。
電車プレイだけに(大事なことだから2回)

カスミさんの描くむっちりした描きもここまできたら
もはや極みとしか言えないな。
この間のマナりつ本しかり、今回のことうみ本しかり。

この人の描く極上のエロスをこの1冊で堪能しちゃえばいいよ!

・・・とまあ感想になっていない感想を書いた。

いやぁそれにしてもどの本も大変面白いねぇ。
それぞれの作家さんの想いや情熱が
どの本からも伝わってくるよ。

次は何のイベントに参加しようかなー。

今年も色々参加して作家さんがその想いと情熱を
ささげた本を集めていきたいね。

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。