スポンサードリンク

神楽坂G7 崖っぷちカフェ救出作戦会議 購入~ プリキュア声優こと水沢史絵さんの新しい引きだしを垣間見た一冊でしたな

プリキュア
06 /25 2014
うえー暑いー
さて今日はこれを買ってきた。
神楽坂G7 崖っぷちカフェ救出作戦会議 ですよと。
Bq-AtdHCcAEGxRC.jpg

普段ラノベを買うことは無いんだけど今回は別。

なんたって帯にも書かれているけど、キュアマリン役などを
演じた声優の水沢史絵さんが初めて執筆したライトノベルだっていうからね。

なら買うしかないじゃない!ってわけで購入。

帯の「杉田智和さん絶賛!!絶対に曲げられない戦いがそこにある(意味深)」が
やけに面白いのはたぶん気のせいじゃないはず。

さて内容はと言うと東京の神楽坂を舞台に、故郷へに戻ってきた
高校生の小森英介とその幼なじみたちが、幼少期に憧れていた
浅野真弥さんが経営する「カフェGREEN」を救うために奮闘する…という内容。

メインは5人なんだけどその5人がいずれも
一癖も二癖もあって個性的なんだよね。

特に浅野真弥さん。

その家系特有の”驚異の第2次性徴”によって声が
驚くべき状態になっててそのセリフ一つ一つに
読んでるこっち側もビビってしまいそうだったわ。

次巻に続かない一冊読み切りだけあって世界観やキャラ設定がわかりやすく、
ラノベを普段読まない人でもスラスラと読める仕上がりとなっていたね。

それに何と言ってもプリキュア声優ならでの話の展開に笑ってしまった。

戦隊ヒーローネタはまだしも、まさかあの日曜朝8時半から放送してる
あの女児アニメのネタまで持ってくるとはなぁ。

表紙めくってすぐの挿絵見て「あれ?この衣装どこかで見たような・・・まさか!?」
と思ったけど、そのまさかで噴いてしまったわ。

本文中は「プ○キュア」とさすがに伏字されてるとは言え、
自身が出演してたプリキュアをラノベのネタに仕込むとは
水沢史絵さん流石ですわ。

話自体はさっきも書いたけど丁寧に書かれて大変読みやすく、
「ラノベなんて文字ばかりで読むの大変じゃね?」って言う気持ちを
拭い去る面白さだったね。

水沢史絵さんの新しい引きだしを垣間見た一冊でしたわ。
また機会があれば新作ラノベを書いて頂きたいなぁ。

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。