スポンサードリンク

劇場版アイカツ! 見て来たぞと 見よ!美月からいちごへ いちごからあかりへと受け継がれるアイドルの熱き魂!

趣味な感じ
12 /14 2014
続けて更新・・・になるのかな。
いやそれにしても寒い。
さて今日は映画を見てきたのよ。
仮面ライダーのMOVIE大戦と、劇場版アイカツ!の2本をね。

感想書きたいなーと思ったけどさすがに2本書くのは
体力的にめんどいので今回は劇場版アイカツ!の方を
少し書くかーってなわけで、これがパンフ。

他にクリアファイルとか色々販売してたけど
とりあえずパンフだけにしておいた。
B4vVD_kCcAELDdV.jpg

さて劇場版アイカツ!

内容はと言うといちごが主役のステージ「大スター宮いちご祭り」が
開かれるのでその成功に向けて準備し、ステージ本番では歌とダンス満載と言う、
アイカツの魅力や要素を映画ならではのボリュームで詰め込んだ作品だね。

ステージを見てくれた人が素敵な明日を迎えられるようなステージにしたい

今回のいちごがこのステージに込めた一番のメッセージだけど、
結果としてまさにその通りになったなぁ。

本編云々はもとより、見に来ていた誰もが
目を輝かせながらスクリーンを見ていた気がしたもん。

このメッセージって映画本編で使われただけじゃなく
実際に映画を見に来てくれた人へのメッセージでもあるんだね。

後半、実際に大スター宮いちご祭りのステージが開始されるわけだけど
ステージの合間、目の前で実際のステージを見ているかの
ような気分になったしね。

それに映画の構成もTVアニメシリーズ同様、
ひたすらにポジティブな方向性だったのが良かった。

アイカツ!って言うアニメの面白い所は極力シリアスな要素を
入れないところであり、映画もそれに溺れずシリアスはほぼ無しで
全体的にポジティブ且つ見ている人を前向きな気持ちにさせる構成で
最後まで笑顔で見ることができたなぁ。

そして映画の内容としてもTVアニメで2年間主役をやってきた
いちごの集大成な映画でもあったと。

美月のステージをきっかけにスターライト学園に転入し、
そこでアイドルの才能を開花させてから早2年。

その2年の積み重ねの結果が劇場版アイカツ!として
見事に描き切られていたなぁ。

初めて美月のステージを見た同じ場所で今度はいちごがステージを行い、
そしてついに美月を超えたと・・・これは感慨深いなぁ。

これでいちごも名実ともにトップアイドルの仲間入りになったんだな。

そして次からはいちごはトップの座を維持しないといけない。
美月もトップからチャレンジャーへと転向しいちごへ挑戦する
立場になったからね。

それに現状主人公の大空あかりもいちごを超えていくために
益々の日々精進することになると。

これからも熱いアイドルカツドウは続いていくんだな。
アイカツ!に終わり無し!って感じやね。

すでにTVアニメではいちごからあかりへ次世代のアイドルポジションを
バトンタッチしているけど、正式にはこの劇場版アイカツ!を持って
バトンタッチし、いちごは先輩を追いかける側から後輩を待つ側へ。

そして、あかりはかつてのいちごの立場同様、
いちごと言う先輩を追いかける側になったと言っても過言じゃないかも。

今回のステージの影響を受け、あかりが今後どのようなアイカツを
するのか実に見物だね。

そんな次世代へとバトンタッチするターニングポイントにも
なった劇場版アイカツ!でした。

とまあこんな感じ。

正直、2年間ずっといちごを見続けてきたから
最後の最後で感動してしまったなぁ・・・

いちごホント成長したわ。もうなんなのこの子。凄いわ。

これからテレビアニメでのいちごの出番は減るんだろうけど、
続けて応援していきたいし、そんないちごを追い続ける
あかりも同じくらい応援していきたいなぁ。

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。