スポンサーリンク

2015.01.24 (Sat)

明日でハピチャも終わるし軽く振り返ってみた

うえー来週で1月終わるのー?
まーたこりゃ1年あっという間に終わるなぁ・・・

【More・・・】

さてタイトル通り明日でハピネスチャージプリキュア!も終わるねぇ。
うーん残念・・・
しかしまあ毎年の事だからこれは仕方のない事。

明日は気合入れて最終回迎えないとね。

と言うわけでハピチャについて
俺なりに振り返ってみよ―かなーって思う。

プリキュア10周年記念作としても開始されたハピネスチャージプリキュア!
まず話題として挙がったのが歴代プリキュアの挨拶だよね。

キュアブラックから始まり、キュアホワイトで終わる・・・
総勢33人の歴代プリキュアがOPの冒頭で挨拶って言う画期的かつ豪華な
仕込みをやったのは忘れられないね。

もう出てくるたびに「うひょおおおおおおおおおおおおおおお」ってなったわ。

そんで忘れてはいけないのが本作の14話で
プリキュアシリーズ通算500回の放送を迎え、この時ばかりは
ハピチャの4人がコメントしてたね。

あの時はまだフォーチュンが正式な仲間になった無かったから
4人で会話してる図は新鮮だったなぁ。

通算500回か・・・次は通算1000回かなぁ・・・・
1000回、そこまでシリーズ続いて欲しいねぇ。

もちろん歴代挨拶もさることながら、本編の方も面白い展開目白押しで
毎回テンションマックスで見てたな。

と言うわけでここからはハピチャ本編について
簡単に振り返ってみようかね。

序盤からなかなか衝撃な展開が散漫としてたね。

すでに幻影帝国から攻撃を受け、世界中でプリキュアが戦い
その存在が認知されていると言う今までありそうでなかった
世界観が新鮮だったね。

そんな中、めぐみが初めてプリキュアになり、ひめと友人関係を
築き上げるところから始まったよね。

この時のひめはまだ「友達」についてまだよくわからず
ただ一緒にプリキュアをやって幻影帝国と戦って行ける
利用価値のあるものだと思っていたのが印象深い。

この頃のひめはまだまだコミュニケーション不足な面が否めず、
学校を拒否する、自分勝手な部分があると良い意味でも
悪い意味でもムードメーカーであり、その性格が災いして
キュアフォーチュンとの確執も出来てしまうと言う・・・

そんなひめも誠司、ゆうゆうと言う友達ができ、徐々にだけど
改善し社交的になっていったのが良かったね。

さてそのゆうゆう、実はキュアハニーでしたと言うまさかのオチ。
しかもめぐみよりも先にプリキュアになって活躍してたと。

ゆうゆうについては初登場の時から今に至ってまで
もう成熟しきったんじゃねって言うくらい終始変わらない様子を見せたな。

過去に子犬と死別すると言う辛い経験もあったからこそなんだろうけど、
いやそれにしてもあの色々悟ったかのような性格は本当に中学生?と
たびたび思ってしまったわ。

変わらないってことは一見すると見せ場無いんじゃね?とも思いがちだけど
要所要所でその母性的とも言える性格を発揮し、
めぐみ、ひめ、いおなの後押しをしたのがゆうゆうの役どころかな。

そして先ほども書いたように前半はひめといおなの確執も
描かれていたのがこの作品の見所でもあり、辛い部分でもあったと。

辛い部分とは何かにつけてひめの事を敵視し、冷たい事を言い放ったり
あわよくばひめをのけ者にし、めぐみとゆうゆうをチームに誘うと言った
今のいおなからしたらありえないようなことをやってて、見ていて辛かったなぁ・・・

まあ、ひめが幻影帝国を地球に台頭させた原因でもあるし、自分の姉が
プリキュアハンターに囚われたって言う理由もあるからなんだろうけど、
いおながひめを敵視する描写は中々リアルに描かれていたので
ホント辛かった・・・

この確執は22話、23話で解消し、いおなも加わって
完全なハピネスチャージプリキュア!なった展開は今思い出しても泣けるね。

結局のところ、ひめも悪意があってあの幻影帝国が封じられたアクシアの箱を
開けたわけじゃないし、そのことをいおなに話そうとしても
取り合ってくれないと言う互いの誤解が原因で溝ができたと。

誤解が解けた後は互いのピンチに真っ先に駆けつけると
言ったコンビプレーも披露し、キャラソンではデュエットまですると言う
仲にまで発展したのは嬉しかったなぁ・・・

序盤の仲違いの積み重ねがあったからこそ、
和解後の共闘は目に来るものがあるね・・・

いおなが正式なチーム入りした後はハピチャのテーマの一つでもある
「愛」「恋」についても描かれ始めたね。
めぐみが神様に初恋をし、ひめが誠司に気になるそぶりをすると言うね。

まあひめと誠司のソレは勘違いで終わったわけだけど・・・
めぐみの方は本当に神様のことが好きになっていったんだよなあ。

それまでは「恋」についてあまり理解しておらず、
神様への想いが「恋」だとはすぐには気づかないと。

めぐみは他人の為には頑張るけど、めぐみ自身のことについては
興味が無いと言う厄介な部分を抱えており、
他人に言われて初めて「これは間違っていた」と気付くシーンが
初期にはよく見られたと。

神様への恋もゆうゆうやひめから言われてから
徐々に気づいていったからね。

しかもファントムが変身したキュアアンラブリーからは
「他人の為に何かをしていないと他人から愛されない」
「人助けは他人から好かれたいため」と言われてしまうと。

ハピチャには「他人は自分を映す鏡」と言うテーマが
設定されており、キュアアンラブリーと言う他人に言われたことが
そのままめぐみの内面を映す映す「鏡」であったわけだ。

非常なことを言われてしまうがこれこそがめぐみの本質であり、
めぐみを動かす動力源であるから何とも皮肉な話だよなぁ・・・

そういう経緯を乗り越えた先に待っていたのはイノセントフォームへの覚醒、
キュアテンダーとの戦い、三幹部やミラージュとの激闘、
そして・・・失恋だったと・・・

初めての恋、そして初めての失恋。

「恋」の意味を知っためぐみにとってはとてもつらい経験だったけど
めぐみの傍には誠司って言う最高のパートナーがいるから
まあ将来の心配はいらないかな。

皆と一緒に過ごすうちに、めぐみ達4人は平和な世界で
友達と過ごす時間、そのものが本当の「幸せ」だと言うことに気づき、
その「幸せ」を守るために本当の敵であるレッドに戦いを挑むと。

とまあこんな感じ。

簡単に書くつもりが書きたいこと多すぎて
ガッツリになってしまったぜ。

しかも思い思いに書いたからだいぶ読みにくいと言う。
まあいいか!

と言うわけで、頭にも書いたけどハピチャもいよいよ明日で終わり!
明日の内に感想書いてしまいたい!

頑張る!・・・頑張りたい!

そんな感じ。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

22:44  |  ハピネスチャージプリキュア!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tekitou793.blog8.fc2.com/tb.php/1586-9b8bce21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

自分の事とか(プロフィール)

ブログを見てくれた人数

日々の記録

コメント貰えるともれなくやる気が出ます

トラックバック的なもの

過去ログはこちら

カテゴリ

カレンダー

宜しければフォローをば

ブログランキングやってます!

絆-ネクサス-(リンク)

検索フォーム

QRコード

RSSリンクの表示