スポンサーリンク

2015.03.15 (Sun)

映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪ を見てきたよと 新たなASシリーズついに開幕!

さてさて前のブログにもちょっと書いたけど
「映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪」見てきたぞと。

てなわけで、春のカーニバルの感想でも書くかねぇ。
ネタバレの躊躇一切無しで書くのでそのつもりで―

【More・・・】

さてその春のカーニバル。まずは買ってきた物から。
パンフレット
CACSHKSUsAAituR.jpg

中身はストーリー紹介やキャストコメント。
他にも簡単なクイズや今回の主題歌「イマココカラ」の
ダンス振付も掲載されてるよ。

クリアファイル
CACRRDqUMAAdZyH.jpg
CACRS1IUQAAow-z.jpg
CACRt_PVAAAT5Qt.jpg
CACRq_XU8AAEctp.jpg
CACRsoCUcAA0Zqn.jpg

五枚組になっており、それぞれ色ごとに分けられたプリキュア達が可愛いな。
こうして見ると・・・40人ってもうはや膨大な数だよなぁ・・・
そりゃクリアファイルも5枚にしないと収まりきれないって。

んで本編だけど。

・・・・これはあたらしいプリキュアASの可能性を感じ取ったなぁ。

話の構成から何もかもがASDX、ASNSとは一味も二味も
違う構成になっており、「カーニバル」の通り、話の合間合間で
歴代プリキュアシリーズの主題歌とダンスが披露され
単純に見ていて楽しかったな。

メッセージ性はNSシリーズと比べて薄くなっていたものの
「歌」に「ダンス」にと映画ならではの「娯楽性」を
詰め込まれた構成になってて大変わかりやすかったね。

今回のメインのプリキュアは前作のハピネスチャージプリキュア!に
現在活躍中のGo!プリンセスプリキュア。

人前で歌うことになり弱気になるはるかにハピチャの4人が
それぞれの言葉でアドバイスを贈るシーンがじんわりしたなぁ・・・
「4人ともしっかり先輩してるじゃないの」と見てて思ったわ。

「歌の力を信じて」と実際に歌の力でサイアークを浄化してきた
ハピチャ4人ならではのアドバイスにその言葉の深みが伝わってきたね。

後、見ててテンション上がったのは歌の時に入った
歴代プリキュア達のイメージ映像。

それぞれのプリキュア達の日常の様子だけじゃなく、
過去シーンが新作画で描かれてこれにはもう感動したわ・・・

しかもそれぞれのパートをそれぞれのキャラデザの人が
原画を担当してるみたいで特にGoGo!の、のぞみがココを見て
表情が変わるシーンなんてもう完全に女神の原画だって見てわかるくらい
凄く描かれてたなぁ・・・

スマプリも5人の表情もまた可愛かったなぁ・・・
5人とも頬を染めてキャンディの誕生日を祝うシーンがとにかく可愛い。

他にもハトプリはパッと見て馬越さん原画なの一瞬で分かったし、
フレプリのシーンもあれたぶん香川さんが原画担当したんだろうな。
何となくそんなふうに見えたもん。

原画じゃないけど、S☆Sの咲と舞のビーチバレーも最高に良かった。
2人が力を合わせ相手チームに勝った瞬間に抱きあう所なんてもう・・・ヤバいわ・・・

MHはOP映像をオマージュした作りになってたのが最高だったね。
歌い始めのザケンナーから逃げるところのオマージュで
「うおおおおおおおおおお」って叫びそうになったぜ。

ドキプリはまさかのレジーナが登場!
出ないと思ってただけにこのサプライズはビックリした。
それにマナの音痴設定が映画で活かされてたのも面白かったわ。

と、歴代プリキュア達の歌とダンスシーンはもちろん、
それに合わせた歴代プリキュア達の映像が今回一番の
メインだったんじゃないかって思うくらい作り込まれてて
もう言葉失って見てたわ・・・

モブキャラも今まで以上に総登場してたのもまた嬉しかったな。
レジーナに満と薫が出てきたときの嬉しさと来たら。

もちろんプリキュアに変身しての戦いだけじゃなく
他作品のプリキュア同士の掛け合いもまた良かったね。

ひめとえりかの掛け合いは誰もが観たかったんじゃないかな。
あの二人の会話は笑ってしまったわ。

話自体もハトプリ妖精の心の種を生み出す話題で
若干下品だったけど、そんな若干下品な話題を遠慮なくやれる
えりかとひめは流石でしたわ。

そのえりかだけど、決め台詞を言ってる最中にミサイルが直撃し、
吹っ飛ぶ様子はなんて言うかもう、マリンらしい一幕で最高だった。

何よりマリンがまた喋ってくれたのが嬉しいよね。
ASシリーズ初出から、つぼみと一緒にもうずっと喋ってて
皆勤賞なのが凄いよな。

戦闘シーンのMH組が大先輩たる風格を見せつけてたなぁ。
「ここは任せて先に行け」っと言ってるブラックとホワイトが頼もし過ぎたわ。
しかもそれにドリームが「Yes!」って応えるのがグッと来た。

前述したとおり、今回のメインプリキュアはハピチャとゴープリだけど、
歴代のプリキュア達もそれぞれに見せ場が
しっかりと用意されていたのが何よりも嬉しかったね。

上映時間74分に今回は歌とダンスがメインなので
尺が足らず描き切れないんじゃないかと思ったけど、
ちゃんとプリキュアごとの個性が描かれてたなぁ。

ダンスの合間での会話シーンや戦闘シーンで
それぞれのプリキュアの個性をしっかり描いたのは
お見事って感じだね。

見たかった掛け合いも見れて中々に満足でしたわ。

今回の悪役であるオドレンとウタエンはやってること自体は
完全に悪い事なんだけど合間合間で面白い掛け合いをやり、
声優が芸人だっていうことも重なって小悪党な感じに仕上がってたなー

「自分は弱いからプリキュアなんて相手にできない」とか、
プリキュアの変身アイテムを奪って変身しようとするとか、
最終的には盗賊は古いからミュージカルスターを目指すなんて
言って盗賊家業から足洗ったし、完全には憎めない悪役として
描かれていたのはASシリーズでは初めてだよね。

敵も憎めない風に描かれたし、そういう意味だと春のカーニバルは
シリアスシーンは極力抑えて本当に「カーニバル」として
みんなに楽しく笑顔で見てもらいたいって言う
気持ちを込めて製作されたんだろうなぁって思うな。

来年またオールスターズやることになったら今回の映画構成を
さらに発展させたミュージカル風にしたいって制作陣は答えてるし
これは来年のオールスターズが今から楽しみですなぁ・・・やればだけど。

とまあこんな感じで、今年から装いも新たに「歌」と「ダンス」が
中心となり、新たなオールスターズ映画の可能性を感じさせた
映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪
絶賛公開中!と!

また見たいぜ!

そんな感じ。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

21:54  |  プリキュア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tekitou793.blog8.fc2.com/tb.php/1616-71f27aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

自分の事とか(プロフィール)

ブログを見てくれた人数

日々の記録

コメント貰えるともれなくやる気が出ます

トラックバック的なもの

過去ログはこちら

カテゴリ

カレンダー

宜しければフォローをば

ブログランキングやってます!

絆-ネクサス-(リンク)

検索フォーム

QRコード

RSSリンクの表示