スポンサードリンク

椎名高志先生作 コミカライズ版 ウルトラマンネクサス 購入! 10年の時を経てついに復活!

趣味な感じ
05 /18 2015
あーまた月曜日が来たかー
あー早く休みたいわなー
さて今日はこれを買ってきた。
椎名高志先生作 コミカライズ版 ウルトラマンネクサス
ですよと。
CFSAITDUkAMtyhD.jpg

椎名先生と言えば絶対可憐チルドレンでお馴染みの先生だよね。

そんな椎名先生が過去にウルトラマンネクサスの漫画を
「てれびくん」にて描いていたことに驚く人も多いはず。

俺は知ってはいたけど、当時ネクサスはTVで見ていただけで、
てれびくんはまったく読んでなかったから
漫画を読んだことって今までなかったんだよね。

だから凄く新鮮な気持ちで読めたよ。

このコミカライズ版がきっかけで
「椎名先生ってネクサスの漫画描いていたんだ!」
と、知った人も少なからずいたに違いないね。

さてそんなコミカライズ版 ウルトラマンネクサス。

一通り読んでみたけど・・・これはウルトラ愛が詰まった一冊だったな。

4話の内容が1話に集約され、ダイジェスト形式になってはいるものの
ネクサスのポイントである「姫矢から千樹、そして孤門へと
受け継がれる絆、ネクサス
」を、しっかりと押さえているから、
直感的にネクサスの世界観を理解できるし、
何より描写がテレビ版同様、一切の手加減無しな所がとにかく面白い!

ネクサスはその世界観からダークな部分が多々あり、
その世界観に3人の主人公が加わることで
ただダークなだけじゃなく、熱い人間ドラマも兼ね備えた
ウルトラシリーズの中でも屈指の意欲作で
表紙めくってすぐに書かれている「最も恐ろしく、最も過激で、熱いウルトラマン」って
文章が実に的を得ている作品なんだよね。

そんなダーク且つ熱い世界観を見事、連載分9話+描き下ろし最終回加えた
計10話に渡り展開され、どの話を読んでもネクサスの世界に
どっぷり引き込まれてしまうこと請け合いだよ。

こうして読んでいると椎名先生は本当にネクサスが好きなんだなぁ・・・
ネクサスのテーマである「絆」を椎名先生の解釈で
しっかり描いているのが本当に面白いし、最終回のボリュームが素晴らしい。

1ページ1ページから椎名先生のネクサスと言うより、
ウルトラシリーズへの愛が伝わってくるなぁ・・・

何より10年の時を経てこうして1冊の本として発売されたことが嬉しい。

ネクサスはそのダークでハードな世界観ゆえに
放送期間が短縮され、所謂「曰く付き」の作品になってしまった
わけなんだけど、こうして再び世にコミカライズとして登場し、
色んな人の目に触れられるようになったのがファンとしては嬉しい限り。

椎名先生にはまた何らかの形でウルトラシリーズへ関わって欲しいですなぁ。

とまあそんな感じ。

コミカライズ以外にはネクサスの時系列設定が初公開され、
今までほぼ断片的にしかわからなかった映画より前の
世界観の設定も完全収録されている他、孤門役の川久保さんと
渋谷プロデューサーの対談も収録され、「ネクサス好きなら絶対に読んどけ!」
と太鼓判押せるよ。

これ読んでるとネクサス本編見直したくなってくるなぁ・・・
そのうち見直したい。

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。