スポンサードリンク

Go!プリンセスプリキュア 第41話感想 夢の為に!ゆいの想いそしてキャンパス!

Go!プリンセスプリキュア
11 /26 2015
MHX発売まであと3日かー
PXZ2もクリアしたのでこれでお迎えする準備できた
って感じやねー

さてゴープリ感想 41話と。

この話からメインキャラそれぞれの夢に関して
一つの終着点を迎える形となり、この41話では
ゆいの夢である「絵本作家になる」ことについて
終着点を迎えたと。
1448148891539.jpg
1448148944889.jpg
1448149051823.jpg
1448149271042.jpg
1448149444186.jpg

絵画コンクールに向けてどんな絵を描くべきか悩んでいたところ、
絵本作家である望月先生との再会を通じて、
コンクール入賞より「自分が描きたいものを描く」という
作家にとって一番大切なことを思い出すことが出来たと。

夢を追いかけるあまり、目先の目的。
ここでは「コンクール入賞」と言う目的に囚われ
絵を描くうえで本当に大切なものは何かを見失っていたんだな。

これって現実でもよくある話だよね。

「夢を叶えるために賞を貰う」って言う、本来目指すべきである
「夢」から「賞を貰う」ことに事象が置き換わり、
本来あるべき道から外れ何が正しいのか見失ってしまう。

ゆいはまさにこれに当てはまってしまったんだと思う。

ゆいだけじゃない、はるかやみなみ、きららやトワと言った
夢を持つものなら誰にでも起こりうることだよな。

三度ゼツボーグ化され檻に閉じ込められたゆいだけど
プリキュアの戦いを見て、絵本作家になるという夢を強く想うことで
ゼツボーグの力を弱体化させることが出来たし、
この「夢を想う力」がゼツボーグへの対抗策になるというのが
改めて明示されたのもよかったな。
1448149559951.jpg
1448149762766.jpg
1448149826589.jpg
1448150012605.jpg
1448150039716.jpg
1448150141973.jpg

さて次回はきららがアイドルを取るか
プリキュアを取るかの二択を迫られる話らしいな。

5話でプリキュアとアイドルの二足の草鞋を履くことに
決めたきららだけど、今回はきららの夢である「トップアイドルになる」と
言う夢を根底から揺さぶるまさにきららストーリーの終着
ともいえる話になりそうだね。

いやはや今から楽しみですな。

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。