スポンサーリンク

2016.01.24 (Sun)

父を亡くした日々

ようやくここ最近の色んなことが終息し
明日からは通常営業に戻れそうなそんな感じ。

とは言え、メンタル的にそこまで持っていくのは
まだまだ時間がかかりそうなのもまた事実。

ようやく気持ちが前向きになりつつなってきたので
ここ最近に起きた出来事をこのブログに書き留めておこうと思う。

自分語りが多いので特に見なくても問題なしかな。

【More・・・】

まずタイトル通り、今年の1月15日に父を亡くしました。
60代入って数年と経っていないまだこれからと言う時期にですな。

死因は大腸がん。

昨年12月の中頃に発症し、緊急手術からの
闘病生活を初めほぼ一か月後に亡くなってしまいました。

昨年、母から電話を受け急遽実家へ帰り、
その時は手術後と言うこともありまだ元気な様子を
見せており年末には一時退院も見込めたんだけど、
その年末に食欲も全く無くなり点滴だけの日々へ移り、
退院も中止に。

今月に入り、また母からの電話を受け
ちょうど3連休だったので再び実家へと飛び、
その時の父は意識がはっきりとしており俺の呼びかけにも
応対出来たんだけどその父の姿は点滴に、
鼻には管ととてもじゃないが見ていて辛いものがあったなぁ・・・

そのタイミングでの主治医から話があり
「抗がん剤は打てない」と聞き、俺はすべてを悟りました。

「父さん・・・もう無理なのか・・・」と。

医者の話によると数年前から徐々に体を蝕み、
体内の各所へ転移し、抗がん剤もすでに打てない事態に
なっていたと。

そして15日の朝、母から電話があり、
「もう今日の命になるから」と話を受け急遽会社を休み病院へ。

そして・・・夜の10時半ごろに父は死んでしまいました。

15日の昼の時点で父は意識だけが残っており、
しかしその目は虚ろな感じになってて、こちらの言うことに対して
聞こえてはいるが、答えることはできないそんな状態にまでなり
すでに自分の死期を悟っているかのような、そんな雰囲気だったなぁ・・・

死の間際の父の姿は一生忘れはしない。

目を腕で隠し、まるで死ぬことを悟り、俺と母に泣いてる様子を
見せたくないかのような行動をとったり、
両足を開いたり閉じたりしてジタバタし、死ぬことを抵抗したりと
父なりに精一杯、死に対して抗い、抗い、抗い続け
最後に永眠をしました。

父さん・・・なんで逝ってしまったんだよ・・・
まだ60代入ってすぐなんだぞ・・・先走りすぎなんだよ・・・
去年、祖父ちゃんが亡くなったばかりなのに・・・

主治医から抗がん剤を打てないことを聞いてすぐに
父と二人きりになった俺は
「父さんごめん・・・嫁さんも出来ず孫の姿も見せられず
親不孝な息子で本当にごめんなさい・・・」と、
泣きながら謝ったら父は言葉をふりぼって「気にするな」と。

この言葉に救われたし嬉しかったなぁ・・・

やはり父の存在は偉大なんだよな。
子供にとって父の存在は何時だって偉大なものなんだよ。

その父の最後を看取ることが出来たのは良かったな・・・
間に合わなかったら一生の後悔になっていたよ。

父の永眠後となる先週は母が喪主となり、
葬儀に通夜、そして火葬まで無事完了し
父をしっかり天国まで送れたと思ってる。

今はある程度気持ちの整理がついてるし、
諦めもついてるけど、実家から持ってきた父の写真を見ると
父と一緒にいた時のことを思い出して
また涙が出てしまいそうだな・・・

こういうのって「大切な人の死」自体が悲しいのはもちろんだけど
「大切な人との会う機会を永遠に失う」事実が
さらに悲しさを加速させるんだよね。

大切な人に会いたい。でも、死んでしまいもう会えない。

会ってお話を聞いてもらいたいって思った時、
「あぁ、もうあの人はいないんだ」って思い
さらに悲しくなると。

たぶん俺もそう言う日がすぐ来ると思う。

その時、その喪失感から父を失った事実を
改めて受け入れるよう頑張るしかないんだよな。

・・・うん、頑張ろう俺。少しずつ徐々に。

母さんだって悲しみに耐えて生きているんだ。
俺が頑張らないでどうする。

俺がいつまでも悲しんでいたら母さんまでも
悲しませてしまうからな。

とりあえずこのブログとしてはこれからも続けていきたいし
次からはいつもの感想記事を書いていきたい。

そんな感じ。

ありがとう父さん。

30年間俺のことを大切に想ってくれて本当にありがとう。
俺、父さんの分まで精一杯生きてみせるよ。

だからさ、天国で見守ってておくれよ。

さようなら。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

20:48  |  日々の記録  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

お疲れ様でした
なぎまる |  2016年01月24日(日) 20:52 | URL 【コメント編集】

★Re: なぎまる

> おつありさまでした
翔 |  2016年01月25日(月) 07:08 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tekitou793.blog8.fc2.com/tb.php/1738-c4cf7bb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

自分の事とか(プロフィール)

ブログを見てくれた人数

日々の記録

コメント貰えるともれなくやる気が出ます

トラックバック的なもの

過去ログはこちら

カテゴリ

カレンダー

宜しければフォローをば

ブログランキングやってます!

絆-ネクサス-(リンク)

検索フォーム

QRコード

RSSリンクの表示