スポンサードリンク

映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う 奇跡の魔法! を見てきたのでその感想をば

プリキュア
03 /19 2016
続けて更新。

1個目のブログ書いた後は近くの銭湯へ行って
ふやけるほど湯に浸かってきたよ。

いやぁーやはり大きな風呂って言うのはさっぱりするよねぇ。

と言うわけで、
映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う 奇跡の魔法!
見てきたと。

これは買ってきたパンフ。
Cd2IQSBUIAATeTl.jpg

そしてこれは買ってきた歴代プリキュアが全員描かれた
クリアファイル5枚全部入りと。
Cd4elxQUsAAQNvc.jpg
Cd4elxRUIAAqEl4.jpg
Cd4elxTUMAAp5xp.jpg
Cd4elyzUIAAtLzb.jpg
Cd4et1HUYAASqVj.jpg

毎年映画公開と同時に発売されるやつだけど
やはりなんというかプリキュアの数に比例して
クリアファイルに描かれるプリキュアも増えるよなぁー

5枚組に計44人ってか。すげぇなー・・・

さて本編感想だけであらすじは、まあ面倒・・・省略として
前もって今回の映画は去年よりも増した本格的なミュージカル形式の
映画となっており、話のところどころで歌を交えた
構成となっていたね。

ミュージカル構成にした今回の映画だけど
前作よりも増して実にチャレンジ精神溢れた
意欲作な気がしたな。

プリキュアはもちろん、敵側も音楽・歌・セリフを交え、
時には楽しく、時には切なくストーリーを盛り上げ役に
なった気がしましたな。

ただ客観的に見たら話の合間合間にミュージカルを
挟むので話の腰を折っているようにも見えてしまったのは
率直な感想だったかな。

まあこれは俺がミュージカル慣れしてない
って言うもあるんだろうね。

ミュージカル映画ってだいたいあんな感じなんだろうな。

春のカーニバルがひたすらに「娯楽性」が中心だったのに対し、
奇跡の魔法は今回ゲストのソルシエールを中心とした
プリキュア特有の「シリアス」な要素も存分に盛り込まれ、
かつて自分を拾ってくれた先生(故人)を蘇生させるべく
彼女が持つ魔法の力でプリキュアの涙を狙う
その姿は彼女の背景も重ね、ただただ切なかったなぁ。

先生がソルシエールに教えた究極の魔法。

それは「歌」であり、度々彼女に歌ったその子守唄こそが
究極の魔法であったと・・・
そのことにソルシエールは気づかず先生に
憎悪の感情を抱いてしまったと・・・

今回の映画のタイトルにもあった「奇跡の魔法」に
そう言う意味を含めていたなんてなー

ソルシエールは紛れもなく本作品のヒロインであり、
改心した彼女の歌がプリキュアオールスターズに
力を貸したところは最高に盛り上がったな。

そして忘れてはいけないのがプリキュアオールスターズ。

やはり喋るプリキュア、喋らないプリキュアといたわけだけど
しっかりプリキュアごとに見せ場が用意されてたのがよかったね。

本作品ではドキドキ~魔法つかいプリキュアまでが
全員声付きで。

ドキドキとハピチャはそれぞれ別れたマジカルとミラクルを
先輩プリキュアとして奮起させる役回りでしたな。

ドキドキ勢が名乗りも含め全員声付きだったのは嬉しかったなー
春のカーニバルの時はハートとダイヤモンドだけだったからね。

戦闘シーンも前にも増して勢いがあり、
特にドキドキとハピチャの空中戦は見物の一言。

敵の攻撃を華麗にかわし、必殺技を交えながら
カウンターをするその姿はさすが1年間戦ってきた
貫録が伝わってきたなぁ~

そしてキュアエコーも2年ぶりに登場と!

キュアマジカルを救い、戦いを拒否するマジカルに
道を指し示すその姿はもうすっかり先輩プリキュアって感じで
NSシリーズを見てきた者からしたら感動の1シーンだよなぁ・・・

そんなキュアエコーはEDのダンスにも登場し、
前列に位置し歴代プリキュアと一緒にダンスを披露する
その姿にまたも感動してしまったわ。

もちろん上記以外のプリキュアも活躍し、
中でも梅澤さんが担当してたフレプリ、ハトプリ、スイプリ、スマプリから
それぞれピーチ、ブロッサム、メロディ、ハッピーが4人タッグを組み
ミラクルを助けるシーンが面白かったなー

4人ともすでにもう良い感じの先輩なのに
名乗りの時や合体必殺技で4人の息が合わず
大ボケをするその姿に笑ってしまったなー

こう言う作品感を超えたワチャワチャしたところも
プリキュアオールスターズに見どころだよね。

あと肝心のキュアマリンは今回も当然声付きで登場と!
マリンもすごいなー 初登場からずっと皆勤賞で活躍してるよ。

やはりオールスターズと言えばマリンの活躍は
かかせないってことやね。

とまあこんな感じかな。
まだまだ書き足りないこと多いけど。

今回は初の完全ミュージカル形式で最初は戸惑ったけど
途中から徐々に受け入れ、最後は「あ、これもありじゃね?」と
思ってしまうほど良い出来栄えでしたな。

来年春映画やるとしたらもうオールスターズじゃないかも
しれないことがプリキュア新聞にて示唆されてるし、
そう考えたら今回のオールスターズは感慨深い感じがしたなー

来年はどうなるんだろうな。心配でもあるし楽しみでもあるな。

今回の「映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う 奇跡の魔法!」
絶賛公開中なので是非見に行ってみよう。

俺もまた見に行きたい。

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。