スポンサードリンク

大和田秀樹先生著作 立-Ritz- 購入~ これぞ大和田先生の傑作とも言うべき一冊!

趣味な感じ
03 /25 2016
ようやく金曜日の仕事も片づけて
明日明後日とお休みですなぁ・・・

あーもー つーかーれーたー
さて今日は咲関連の漫画が4冊も同時に発売し、
そりゃもう買う側からしたら財布がぶっ飛ぶ勢いなわけでして・・・

ええもちろん俺も買いましたよ。とりあえず3冊ね。

まずは「咲-Saki-」 15巻 と 特典のブックカバー。
CeY2PSPVAAA6YGD.jpg
CeY4CBHUIAADZao.jpg

次は「咲日和」 5巻 と 特典のブックカバー。
CeY2UaSUIAAZflj.jpg
CeY4CBKUEAAXvUG.jpg

そして「立-Ritz-」であると。
CeY2YPsUIAAzNXD.jpg

3冊同時購入したらさらにクリアなブックカバーも貰ったぜ。

「シノハユ」 6巻も買いたかったけど今月はまだ
他に金使う予定があるのでしばらくの辛抱・・・

秋葉原のメロンブックスで買ったんだけど、
毎回のことだけどタワー積みが凄まじく、今回は
咲関連タイトル4冊発売記念に全何冊がタワーとして積まれているのか
って言う乱暴すぎるクイズキャンペーンが開催されたと。

実際に咲関連タイトル4冊が積まれたタワーを見てきたけど
ありゃ凄かったなぁ・・・眺めてて笑ってしまったもん。

秋葉原メロンブックスやるなぁ・・・よくもまああそこまで積んだわ・・・
これは実際に見ないと凄さが伝わらないと思うから
この機会に是非!

さてこの3冊のうち、今回紹介したいのはこの
「立-Ritz-」。
CeY283xUMAA_5OE.jpg

あのムダヅモ無き改革を手掛けた大和田秀樹先生による
咲の作者である「小林立」先生を主人公にした漫画であり、
一番の特徴として実在の小林立先生は性別不明なんだけど
この漫画では「黒髪おかっぱの美少女漫画家」として描かれていると。

そのおかげでよくネタとして扱われている「小林立=美少女説」を
作品という形にすることによってネタとして定着させた
大和田先生の傑作。
それがこの「立-Ritz-」であると。

これまでヤングガンガンでの読み切りや「咲 全国編BD1巻」の
初回特典コミック。他にもビックガンガン連載と、
様々な形で掲載され、読む機会が限られていた
この「立-Ritz-」を一冊のコミックにし、今回発売したと言うのは
ファンにとって実に嬉しいことで是非とも読みたかった一冊なんですわ。

中身はと言うと、全8話に現実とフィクションのギリギリを突き、
そこを絶妙且つキレのある笑いへと昇華させる大和田先生ならでは
手法が取り入られ、大和田先生による文句無しの傑作でしたな。

フィクションの中にも現実のネタを織り込み、
その上で熱いバトル要素も加え、勢いある物語を
作り上げた大和田秀樹先生は本当にもう「すばらっ!」な
一言ですな。

特に声優オーディションと言う名の麻雀バトル編では
宮永咲役の植田佳奈さんの対決する相手が
「レジェンド級声優・悟沢空子」であり、
そのセリフ・技からもうどっからどう見ても
あの超国民的バトルアニメだろwwwと
大笑いしながら読んでしまいましたわ。

て言うか見開き2ページも使用した麻雀バトル一連の下り、
完全にあのムダヅモ無き改革だろwww

いやぁ・・・本当に面白かった。

話だけを見るとまだまだ続く雰囲気あるし
また何らかの機会があれば新作を読んでみたいですなぁ~

とまあこんな感じ。

ムダヅモ無き改革が連載終了して大和田先生の作品に
飢えていた頃だったから「立-Ritz-」がコミックス化してくれて
実に嬉しかったですわ。

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。