スポンサードリンク

Girls Love Festival 17 へ行ってお知り合いさんのほたサヤ本を買ってきたお話

趣味な感じ
06 /05 2016
いよいよ梅雨入りかー
梅雨明けまでジメジメするのはいやですなぁ・・・

あー
さて今日は蒲田Pioで開催された
Girls Love Festival 17」へ行ってきましたよと。

Girls Love Festival 、通称GLFes=百合フェスは
その名の通り、女の子同士のカップリング作品の
ためだけのイベントであり、どこもかしこも
そりゃもう~百合系の同人誌三昧と言うね。

昔は行ってたんだけど最近は全く行かず、
今回久しぶりの参加になったと。

イベント会場では色んな作品の百合本が置かれていて、
百合好きならそりゃもう参戦して百合の甘美な空気に
包まれちゃえな雰囲気でしたな。

さてそんなイベントに俺が久しぶりに参加した理由。

それは今回幾分久しぶりなお方がサークル参加されるからであり、
そのお方と言うのが、
サークル名「もふもふらっひー
執筆者「ひつじもふ」さん。

俺も実際会うのはかなり久しぶりなので
会場でお会い出来て実に嬉しかったんですな。

さてそんな、もふさんが描いた同人と言うが
だがしかし本であり、ほたるさんとサヤ師のカップリング本、
タイトルは「百合、だがし。
CkKteRxVEAAKygD.jpg

ごちうさペーパーのシャロリゼも実に可愛らしいね。

とりあえず表紙からしてほたサヤ全開なのが素晴らしいな。

今回の百合フェスではほたサヤ本、しいてはだがしかし本は
この一冊くらいしか見かけなかったので
実際かなり貴重な一冊であり、ほたサヤを愛する人は是非とも
読んでもらいたい価値の高い一冊ですな。

話の中身としては、原作「だがしかし」をリスペクトし、
計3話を一冊に纏めた所謂オムニバス形式となっており、
だがしかし名物であるお菓子や食べ物を話に交えてるのが面白いね。

その中で、ほたるさんが無自覚にサヤ師を落とすのが
実にほたるさんらしく、サヤ師も満更な様子なの相まり、
極上且つ甘々なだがしかし百合本に仕上がっていますわ。

気をつけなきゃいけないのはR18本なところね。

R18なだけあり、もちろんそういう描写もあるけど、
その辺りはマイルドになってて、百合成年本の中では
かなり読みやすい方に入るんじゃないかなーと。

原作者をリスペクトしているので、ほたサヤの服装や表情・
キャラの構図が原作にかなり寄せており、ほたるさんとサヤ師が
駄菓子交えて会話をしてる所とか「あ、原作らしい!」
って読んでて思ったな。

前述したとおり、今回の百合フェスでは
だがしかし、ほたサヤ本がこれ一冊のみだったので
もう少しほたサヤ本が出てほしかった・・・!

うーん・・・だがしかしのほたサヤは最近かなり推してる
カップリングなのでもう少し増えてほしいところですな!

とまあこんな感じ。

何年かぶりにもふさん本人とお会いし挨拶することも出来たので
今回のイベントは実に楽しかったでしたなー

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。