スポンサードリンク

映画 魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン! を見てきたぞい

魔法つかいプリキュア!
10 /29 2016
アマゾンプライムでアニポケを見まくってるどうも俺です。
いやぁ・・・今週のアニポケXYZの最終回は最高でしたね・・・

およそ20年アニポケ見てきたけどあれほど
までに最高な最終回ってないぜ・・・

サトセレホント永遠となれ。
とまあそんなわけで昨夜、最速で
映画 魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン! を見てきたよと。

これパンフ。
Cv3ry5WUEAAvPv4.jpg

いやぁ・・・素晴らしい映画だったなー

みらいとモフルンの絆を始め、ダイナミックなアングルを駆使した
プリキュアとダークマターの戦い。

そして今回ゲストキャラのクマタと前述のダークマターの
深い関係にモフルンが踏み込む展開が実に感動したなぁ・・・

望まぬ魔法の力を手に入れてしまったがゆえに周囲は遠ざかれ、
心をふさぎ込んでしまったクマタはダークマターになり、
この世界を破壊してしまおうと行動を起こすのが
今回の大きな話。

今回の映画、前述したとおり、モフルンが事実上の主役であり、
なんとプリキュア「キュアモフルン」になると言う好待遇なんだよな。

でもその一連の過程が実に涙をそそったな・・・

クマタ=ダークマターの悲しみを知りそんな攻撃を一身に受けた
モフルンはリンクルストーンが砕け人形に戻ってしまったと。

モフルンが妖精からぬいぐるみに戻る。
それはつまり「死」と同じ。

そう、この映画は事実上、TVレギュラーキャラの
「死別」を明確に描いた唯一のプリキュア映画なんだよな。

これまでゲストキャラの死別は何度かあったけど
レギュラーキャラの死別を過去に描いたことは無く、
今回初の試みにその一連の流れに涙腺がやられそうになったな・・・

って言うかこの展開、TV版まほプリでも
今後ありそうなのに映画で既にやってしまったってか・・・

とまあこれだけ書くとシリアス一辺倒にも思えるかもしれないけど、
シリアス以外にもまほプリならではの魔法を活かしたギャグ要素も
含まれており、シリアスとギャグを見事両立させた最高の映画でしたなー

もちろんプリキュアと言えば戦闘シーンも目を見張るものばかり。

キュアモフルンのアクロバティックな戦闘シーンはもちろん、
最終決戦での各スタイルを活かした戦いは目頭がとにかく熱かったな。

結局キュアモフルンになるためのリンクルストーンは
最後使い物にならなくなりおそらくTVでのキュアモフルン登場は
無いんだろうけどそれを差し引いての大活躍でもう大満足だったわ。

いやはや恐れ入った。

また2回目見に行かないとなー

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。