スポンサーリンク

2011.03.05 (Sat)

魔法少女まどか☆マギカ 第9話 杏子さん良い人過ぎだろマジで

まどか☆マギカ 第9話視聴完了と。

・・・なんだろう、鬱って言うか
虚無感って言うのかな?

なんだか心にぽっかり穴が開いたようだよ。

簡単に感想を書いていくか。一応ネタバレ注意か?

【More・・・】

さてまあ、ついに魔女化してしまった魔女っ子さやかさん

杏子さんが戦いに挑もうとするが、ほむほむさんが乱入して
二人してその場を離脱。
このまま戦うのは得策じゃないってことだな。

そして、現実世界に戻った後は、まどかさんと合流して
さやかさんが魔女になった現実をまどかさんに告げると。
魔法少女になるってことはこういうことになるんだと。

さやかさんの魔女化を聞いて愕然とするまどかさん。

そして朝。

まどかさんの前には諸悪の根源 インキュベーターさんが。
このあたりは・・・よくわかんねーんよなぁ。言ってる意味が。

宇宙だ。エントロピーだと。
まどかさんが「言ってる意味がわからん」って言ってるけど
まさにその通りですな。

何言ってるか意味がわからないよ。インキュベーターさん。

まあ確実なのは、インキュベーターさんのエサが人間だということか。
そしてエサとなった人間を魔法少女にさせ、魔女化した際のエネルギーを
頂くってことだな。

それに価値観の相違ってやつ?
人間には人間としての生き方があるけど、
こっちにもこっちの生き方があるってことでいいのか?

まどかさんは魔法少女になることが詐欺だって言うけど
インキュさんは合意の基契約してるから、合法だと。
・・・おおうなんという悪徳なやり方。

そして、去り際にインキュベーターさんは一言
「この宇宙のために死ぬ気になったらいつでも呼んでね」ってね。

なんてゆーか、インキュベーターさんマジ外道じゃん。

んでその後はホテルの部屋かな? ベットにさやかさんだったものを置いて
食事をしてる杏子さんの元へ、インキュさんは訪れると。

話の中で、さやかさんをすくう手立てについて聞いてみるが、前例が無いので
わからんとインキュさんは言う。
だけど、インキュさんは「魔法少女ならどんな不義理をやっても驚かない」と
言うわけだ。
それが本当なら、もしかしたらすくう手立てがあるかもしれないと、
一筋の光を杏子さんは得るわけだ。

そして次の日、杏子さんはまどかさんを呼んで、
さやかさんを救えるかもしれないので、手伝って欲しいと。
それを聞き、是が非でも手伝いというまどかさん。

ここでまあ、互いに名前を良いあって、コンビができたわけだ。

そして、いよいよ魔女っ子さやかさんのところへ行くと。
道を進む途中、杏子さんはまどかさんに説くわけだ、

気まぐれで魔法少女になるなんてお遊びだと。
いずれ命がけでも戦うときがくるだろうから、その時に考えれば良いと。

・・・良いこというなぁ、さやかさんは。

つまり、自分の力を使うタイミングを間違えるなってことか?

その後、いよいよ魔女っ子さやかさんとの対決だ。
対決の舞台が、オーケストラの式場だ。

・・・上条さんのことをまだ思ったのかなぁ?だから舞台が式場と。
背景に指揮者とか音楽隊がいるよ。

打ち合わせどおりに、まどかさんはさやかさんを呼び続ける。
だけど、さやかさんは攻撃を仕掛けつづけ、
杏子さんはまどかさんを守るため防戦一方の状態だ。
むやみに攻撃も仕掛けれらないしね。

そして、まどかさんがさやかさんの巨大な手に
握られたからやむなく攻撃。

舞台上は落下し、転落したまどかさんがぶつかる寸前に
ほむほむさんが乱入と。
さすがはほむほむさんだ、ここぞというところでやってくるわけだ。

落下中に杏子さんは「一度くらい幸せな夢を見させて」と言う。
杏子さん・さやかさん共に、不幸な目に合い続けてるからなぁ。
そういいたくなるのも判る気がする。

落下中の背景にはいろんな人がいるんだけど、
これはアレか、魔法少女時代にさやかさんに救われた人かな?
一瞬だけど、後姿のおそらくは上条さんの姿も映ったし、
まあ多分、今までさやかさんに救われた人ってことだな。

ついでに言うと、さやかさんの作り出した空間が
劇場だったり、譜面や上条さんがいたのは、
おそらくまだ未練があったってことなんだね。

まどかさんは気を失い、もはや打つ手が無いと判断した杏子さんは
ほむほむさんに「ここはあたしに任せろ」と良い、二人を逃がすと。

そして、魔女化したさやかさんと杏子さんの二人だけになった空間で
杏子さんは「一人ぼっちはさびしいだろ?
一緒にいてやるから
」と言い、
最大限のパワーで
・・・さやかさんもろとも自爆・・・

これしか手は無かったのかよ。他にもっと良い方法が・・・
無いからこうしたんだよなぁ。多分。

さやかさん、少しは救われたのかな?
幼馴染や友人・自分自身の力に裏切られた状態で。

でも杏子さんも一緒にいるから多少は救われたのかもしれない。
少なくとも一人じゃないし。犠牲は大きかったけど。

そして、EDは飛ばして、このままエピローグへ。

ほむほむさんの家に移り、
インキュベーターさんに、さやかさんを救える可能性は無かったのかと
そして奴さんはこういうわけだ。

そんなの不可能に決まってるじゃないか?」と。

・・・まじインキュベーターさん外道だな。
初めからわかってたんじゃないか。こうなるのをさ。
それなのに不可能じゃないしからやってみろと、そういうか。

杏子さんも退場し、ワルプルギスの夜に立ち向かうためには、
いよいよ、まどかさんも魔法少女になるしかないと
インキュさんは言うけど、そうはさせないとほむほむさんは言うところで終了と。

う?ん、まさにインキュさんにしてみれば
計画通りってところか。

やり方がえげつないことには変わりないけど。

なんてゆーのかな?人間の小頃の隙間を狙ってやってくるよな。
奴さんは。

これまで何人の女子が、そそのかされて魔女化してしまったんだろうか?

まあ以前のほむほむさんの台詞で、
数えるのも諦めるほど死を見てきたって言ったからなぁ。

この「死」っていうのは、魔法少女=魔女の死って意味も含んでるのか。

まあこんな感じ・・・かな?

さやかさんと杏子さんは二人して逝かれてしまったから、
いよいとEDのジャケ絵見たく二人きりになってしまった状態で、
いったい今度はどうなるのだろうか?

う?ん、ますます見逃せないなぁ。

とりあえず、
・・・さやかさんと杏子さんの死を
謹んでお悔やみ申し上げます


静止した時の中で二人して楽しく過ごしていることを願ってるよ。

↓は、今回のぐっと来たカットだよ。

杏子さんのラストカット。なかなかのさわやかな笑顔だ。
もう既に覚悟を決めてる感じだね。

kyouko.jpg

魔法少女時代のさやかさんと、魔女っ子さやかさん。

sayaka.jpg

・・・うん、まるっきり違うな。

魔女化した際のリボンはおそらく第1話で、
まどかさんがピンクのリボンを付けたのは、
まどか母さんにモテる方法を教えてもらった為だとさやかさんは思っていると。

つまり、ピンクのリボンを付ければ、
大好きなあの人に振り向いてもらえるかも・・・ってことか。

・・・魔女化しても、上条さんへの思いは残っていたんだなぁ。
やっぱり。

自らの幸せを手に入れる為に殉じた二人に黙祷!

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

03:48  |  趣味な感じ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tekitou793.blog8.fc2.com/tb.php/743-e019eeea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

自分の事とか(プロフィール)

ブログを見てくれた人数

日々の記録

コメント貰えるともれなくやる気が出ます

トラックバック的なもの

過去ログはこちら

カテゴリ

カレンダー

宜しければフォローをば

ブログランキングやってます!

絆-ネクサス-(リンク)

検索フォーム

QRコード

RSSリンクの表示