スポンサードリンク

仮面ライダーオーズ 46話の見所は映司とアンクの切実な欲とWバースだね。

趣味な感じ
08 /17 2011
さて今日からまたサラリーマン業の再開だ。
ガッツリ残業もして残業代が待ち遠しいぜ。

・・・いやまあ、たまには定時で帰りたいんだけどね。
さて、夏コミのおかげで見れずじまいだった
ゴーカイジャーと仮面ライダーオーズ。

どっちも面白い展開を迎えるなぁ。

ゴーカイジャーは、ゴーカイジャーのピンチに
ハリケンジャーの御三方が登場!
まさかのハリケンジャー主役3人の登場だよ。

変身しなくてもそのアクションの素晴らしさときたら
もう・・・嬉しい限りだ。

3人は鍵をよこせというけど食い下がるのはゴーカイシルバーの鎧だ。

いいね、鎧のハリケンジャーへの反論とか。
黒騎士との出会いが見事に経験として積み重なっていて
反論に繋がっていると。成長してるんだなぁ鎧も。

そして次回はゴーカイジャーとハリケンジャーの全員が揃いも揃って登場と。

・・・ヤバイ、何これ。
何かの劇場版やVシネマのレベルじゃねぇか。

こいつは次回楽しみすぎるぜ。
次回予告の全員集合で鳥肌立ったよ。

そして後2回で終了する仮面ライダーオーズ。
早いなぁ。後2回で終了かよ。

今回の見所は映司&アンクの対決と伊達さん&後藤さんのWバースだね。

海辺での二人の殴り合い・・・定番であるけど
どこか哀しいよなぁ。

グリードになりつつある人間VS人間になりつつあるグリード
って言う構図が既に哀しいぜ。

映司の「命を助けられなかったから力が欲しかった」という欲と
アンクの「何も感じられなかったから命が欲しい」という欲。
その2つの欲のぶつかり合いが何というか・・・重いね。

そういえば第1話からこの二人の欲は、
映司はオーズになることで、
アンクは信吾に取り付くことで叶っていたんだっけ。

いやぁ・・・大事なことって最後に気づくんだな。

映司が完全にグリード化する瞬会の最後に「アンク、ありがとう
っていう台詞でもう目がやばかった。

それにクスクシエにて比奈に「この体よこせ」っていう
アンクが切な過ぎる。

グリードはただ欲の塊で、死ぬのではなく消滅するだけから、
信吾という体を通じて命が欲しいんだよなぁ。

「食いに来た」「うまかった」と人間では当たり前にできることが
グリードにとってはできないことだから、アンクがこの台詞がもう切な過ぎる。

最終的に映司は、紫目のオーズ→グリードとなり暴走、
アンクもグリードとして完全な姿に戻り、映司と対決すると。

そして一方後藤さん組。

バースになったももの完全体になったガメルに敵わず、
相打ち覚悟でブレストキャノンをぶち込もうとすると。

だけどそこに現れたのは・・・伊達さんキターーー!

ほぼ伏線無しのいきなりの登場だけど、そこが伊達さんらしいぜ。

伊達明リターン!」と言って変身した
伊達さんにもう鳥肌物だよ。やっぱかっけぇなぁ伊達さん。

やっぱこの二人のコンビは最高だな。

だけど今までと違うのは、伊達さんと後藤さんが
同等の立場で戦っているってことだな。

以前は伊達さんメイン、後藤さん補佐の
一種の師弟関係だったけど、
今はもう二人が肩を並べて同じ敵と戦っているからなぁ。
いやはや後藤さんも成長したもんだ。

そして0距離ダブルブレストキャノンの受けてガメルは消滅・・・

最後までメズールに対しての愛?を貫いて消えてしまったと。合掌。

そして次回は・・・ウヴァさんがいよいよ完全体になるのか。
ってことはウヴァさんがやっぱラスボスか?

いやまあ真木博士とか残ってるからなぁ。どうなることやら。

なにやら赤いメダルにもひびが入り、アンク消滅のフラグも立っているし、
残り2話もマジ楽しみだ。

そんな感じ。

コメント

非公開コメント

最近はFPSばかりやってる気がする

ミルキィ・ホームズの
「いつだってサポーター!」
疲れたときに聞いてみよう!



ちなみにリンクフリーですよ。